ホーム » 酵素 » 体内酵素はオリーゼで補給|内蔵の機能と血流を改善させ冷えを防ぎます
⇒健康食品の楽天ランキングはこちら
⇒楽天カードの申し込みで5000円引き

体内酵素はオリーゼで補給|内蔵の機能と血流を改善させ冷えを防ぎます

体内酵素が不足すると、内臓の機能や流れ・めぐりが悪化。
冷えが進行することとなります

体から冷えを取り除くためには、血流をはじめとする体内の「流れ」を
維持・向上させていく必要があります。そしてそのためには日々の栄養の
消化・吸収、そして細胞の代謝が的確に行われねばなりません。


今回は消化・吸収・代謝のいずれにも密に関わりをもつ「体内酵素」について
考えていきたいと思います。


体内には3,000~4,000種類にも及ぶ酵素が存在しているといわれます。
これらの体内酵素はいずれも何らかの形で消化・吸収・代謝と関わりを
もっており、もしもこの体内酵素が機能不全に陥ってしまいますと、
消化・吸収・代謝にも支障が生じてしまい、冷えが体内に定着してしまう
こととなります。


そこで最近では体内酵素の機能向上の観点から、冷え取りを行うに当たっては
体内の中核温度を体内酵素の多くが最も機能を発揮するといわれている
摂氏37~38度(体表温度に直しますとおよそ36度)にまで高める必要性が
説かれるようになってきました。


しかしこのような主張は、体内に酵素が十分存在していることを前提と
していることは明らかです。そこで体内酵素の分量に関する研究結果に
目を転じますと、体内酵素は加齢や食生活、日常生活において受ける
ストレスなどに応じて減少していくということが明らかにされているのです。


体内酵素は大別しますと「代謝酵素」と「消化酵素」に分けられます。
「代謝酵素」は身体の各細胞の形成などの新陳代謝や免疫力、
ホルモンバランスに関わるものですが、ストレスを受けたり活性酸素の解毒を
行ったりする過程で減少していきます。


もう一方の「消化酵素」は各種消化液と腸内微生物の協同により作られる
ものですが、過食により大きく消費されてしまうものです。また動物性タンパク質や
アルコールの摂取によっても大きく消費されてしまいます。


代謝酵素にせよ消化酵素にせよ、一度消失してしまいますと体内では 実に
再生しずらいのもなのです。そこで体内酵素の消失を抑えたりその積極的な
増加を 図っていくべく、生活習慣や食事の内容を見直していくことが必要となってくる
わけです。


特に生野菜や果物、大豆、味噌、玄米、胚芽、魚介類を摂取することは、
体内酵素を 補っていく上できわめて有益であるといわれています。


オリーゼは酵素が不足しがちな現代人をサポートする
発酵食品です

冷え性の克服に役立つ各種グッズをご紹介しております本サイトと致しましては、
合わせて、体内酵素の効率的補給という観点より、オリーゼ本舗の「オリーゼ」を
ご紹介したいと思います。


元来「オリーゼ」は体内酵素を充実させることで冷え性を克服することを目的に
開発されたものなのです。


体内酵素が酵母より作り出されるという点に注目したオリーゼ本舗は、
大麦、麦芽、米ぬか等の原料から安定培養した百数十種類の麹・酵母の
集合体をオリーゼの基本に据えました。


それに腸内善玉菌の一種である乳酸菌、デトックス効果の高いドクダミ、
そして細胞修復を高めるキダチアロエが加えられ、飲みやすい顆粒状に
仕上げられたのが「オリーゼ」なのです(1回分服用量3g)。


「味がまずいのでは?」といぶかられる方もご心配無用です。原材料に
大麦と麦芽がふんだんに用いられているだけあり、味も麦をベースとした
大変飲みやすいものとなっています。


食生活と生活習慣を整え、オリーゼで酵素を補っていけば、後は体を温める
機会を増やしていくのみです。冷え性の克服に向かって、確実に大きな一歩を
踏み出されることとなるでしょう。

⇒●楽天みんなのレビュー 「植物性発酵食品 オリーゼ」●


関連記事

Return to page top