ホーム » 家電 » 気化熱を利用した冷風扇で夏の冷え対策|冷房の効きすぎから解放されます
⇒健康食品の楽天ランキングはこちら
⇒楽天カードの申し込みで5000円引き

気化熱を利用した冷風扇で夏の冷え対策|冷房の効きすぎから解放されます


忘れてはならない夏の冷え対策

いよいよ夏を直前に控え、冷えを抱えておられる方々の多くはとりあえず
ご自分の冷え性について思い煩われるのをやめ、いかにして来る酷暑を
しのごうかと思いをめぐらされておられるのではないでしょうか。


しかしそこに落とし穴があるように見えてなりません。いかにも逆説的ですが、
近年の日本においては夏においてこそ冷えへのケアを充実させることが
きわめて重要となってきているように思えるからです。


そのように思われる最大の要因は、夏における大都市を中心とした
猛暑の発生と、それに応じた冷房やエアコンへの過度の依存にあると
いえるでしょう。


しかし摂氏35度を超えるような酷暑においては、やはり冷房やエアコンの
利用は避け難いようにも思えます。ここでの真の問題は、むしろ冷房の
利用により部屋の内外の温度差が大きく乖離し、時に10度近くにも
及ぶようなケースも生じ得るという点に見出されるべきなのです。


部屋の内外温度差が激しい環境下で日常生活を送りますと、どのような人でも
遅かれ早かれ自らの体内に備わる「体温調整センサー」が故障してしまいます。

ここでいう「体温調整センサー」とは間脳の視床下部に存在する神経中枢で、
短時間に温度の激変を幾度となく経験すると機能不全に陥ってしまうのです。
そして実はこれが冷えもたらす大きな要因となっているのです。


冷房が作り出す過度に冷たい風が下半身や足を冷やしてしまい、それが血流の
悪化を通じて冷えを醸成してしまうという点も無視できません。


夏に以上のような問題を抱えてしまいますと、季節が秋、そして冬へと
移行してから冷え性対策に取り組まれたとしましても、実りある効果が
なかなか得られないという結果にもなりかねません。


「冷風扇」は「気化熱作用」を利用し、適温の涼風を作り出します

この問題を避けるにはやはり室温を若干高めに設定し、外気との温度差を
縮めていく以外にうまい方法はなさぞうです。


実際研究によりますと、日本人にとって最適な室温は摂氏27~28度程度である
とのことで、冷房やエアコンの効いた部屋の室温よりは相当に高いものと
いえます。


このような日本人にとって理想的な室温を実現する上で、今回ご紹介致します
「冷風扇(れいふうせん)」は実に頼もしい存在であるといえるでしょう。


「冷風扇」は水の「気化熱作用」を利用することで、扇風機よりは冷たく、
冷房やエアコンよりは温かい涼風を作ることのできる優れた室温調整機
なのです。


ここでいう「気化熱作用」とは、水が蒸発する際周囲の熱を奪う性質を指します。
「冷風扇」はファンにより背面より吸収された外気を、水タンクより汲み上げた
水を含む蒸発用フィルターを通過させることで気化熱作用をもつ涼風を作り
出すのです。


このような優れた効果を得るためにすべきことは、適宜水タンクに水を
補給すること、これだけです。


他にも「冷風扇」ならではの様々な工夫がこらされています。例えば真夏の
熱帯夜等、より冷えた涼風がどうしても必要とされるような場合で、
「冷風扇」は 十分対応可能な仕様となっています。


「冷風扇」には上部に氷タンクが設置されており、氷タンクに氷を補充したり
附属の冷却パックを入れることで、より冷えた涼風を作り出すことができるのです。


この夏は「冷風扇」で心地よい涼風を楽しみつつ同時に冷え対策を行えば、
秋口の夏ばて防止はもちろんのこと、それ以降の冷え対策もより効果的な
ものにしていくことができるでしょう。

⇒●楽天みんなのレビュー 「優しい涼風 冷風扇」●


関連記事

Return to page top